スポンサーサイト

  • 2012.09.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


薄毛対策(発毛)日記、実行

私自身の薄毛対策、発毛のための実行日記です。


髪が薄くなってきたのは、22歳の時に自覚し、
以降頭部全体の髪の密度が粗くなる感じで進行してきた感じですね。
比較的緩やかな進行ではありますが、確実に薄くなっていました。

育毛を始める前の状況は、左そりこみ部分から頭頂にかけて、
地肌がかなり透けて見えるようになり、30代中ごろから、
薄毛が客観的にわかるようになってきた、というところでした。
前髪生え際は、U字的に進行していました。

画像は、その当時の頭部を真上から撮影したものです。
(部屋が雑然として見苦しいため、モザイクかけております)




ブログ冒頭にも紹介していますが、
薄毛対策を実行しています。

効果のほどが目に見えて確認できたのが、私の場合、約45日後でした。
結構早いほうではないかと思います。
薄毛が一番進行していた、左そりこみ部分にはっきりと産毛の発毛がありました。

ただ、あくまで産毛なので、
あまり浮かれる事もなく、黙々と薄毛対策を実行し続けました。


その90日後の頭部の画像がこれです。




左そりこみ部分から頭頂にかけて、
地肌がかなり透けて見えていたのが、
この時点で改善されてきています。

画像がうまく撮れなくて申し訳ないですが、
生え際がU字に進行していたのも、
そりこみ部分に発毛(まだ産毛が大半ですが、
はっきりと発毛している)しており、
生え際が、まっすぐに戻りつつあります。

ともあれ、私の場合効果が実感できており、
薄毛対策の実行の継続へのモチベーションアップとなっています。

現在も、粛々と薄毛対策続行中ですので、
経過もその都度、アップできたらと思ってます。


JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策


薄毛対策(発毛)日記、実行記録2

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策
更新が滞っておりましたが、薄毛対策ケアは粛々と継続していました。
その経過を、アップしたいと思います。

画像は前回からさらに30日後(ケアを始めて約4ヶ月)の状態です。



 真上から撮影すると地肌が透けていた部分が、
 かなり見えにくくなってきています。


薄毛が進行していたときは、徐々に地肌が見えてきていたので、
正直なところ、気分的にも憂鬱さがあり、それこそ四六時中髪の事で悩んでいるような
クヨクヨした精神状態でした。

薄毛の進行は、ストレスによるところも大きいので、
髪の事を気にしすぎるのはよくありません。

でも、進行する薄毛の状態で、口では「気持ちを前向きに」などと
言ってみても、やはり本心はつらいものがありました。

しかし、日に日に薄毛が改善されていくのを目の当たりにして、
【髪のことをあまり気にしない】ということが実際にできるようになってきました。

というより、「正しいケアをすればいいんだ」という気持ちが、
いつのまにかクヨクヨした気持ちを忘れさせていた、という感じです。



薄毛対策(発毛)日記、実行記録3

ケアを開始してから約5ヶ月目の状態です。


 4ヶ月目のときと比べ、画像にぱっと見にあまり大きな変化は
 ないのですが、自身の体感としてあったのが、
 頭皮の色の変化でした。


薄毛が進行しているときは、頭皮の色が赤っぽく、
なんともいえない頭皮の違和感を感じる事が時々ありました。
その違和感について、うまく表現して書くことが出来ないのが残念なんですが、

頭皮が何らかの炎症(皮膚表面だけではないように感じていました)をおこしていて、
とても”気持ち悪い”状態になっていました。
体調が優れない時や、寝不足の時などは、特にその傾向は顕著になっていました。

そういったときの頭皮の色は赤っぽく、
これは何らかのシグナルかもしれない、今のうちに何とかしないといけない、
と思っていました。

ケアを続けるうちに、この頭皮の違和感・色が沈静化、正常化してくるのが
実感できるのも、とても安心感を得られる事のひとつでした。

たとえ多少抜け毛があっても、それは髪の生え変わりのサイクルとしての
抜け毛であり、必要以上に気にするものではないという事が、
無理せずに思えるようになったことは、

画像には移っていませんが、かなり大きな進歩でした。


JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策


薄毛対策(発毛)日記、実行記録4


薄毛対策ケアを開始してから6ヶ月を経過する頃から、
髪の状況に大きな変化は見られませんでした。

しかし【薄毛の進行がない】という事実が、 どれだけ心強いか分かりません。


 髪の変化を素人撮影した画像で確認するのが
 難しくなっていたのですが、
 この画像はケア開始から11ヶ月のもので、
 少し髪が伸びて来た状態です。
 
見た目的には現在もこの状態と、大きな変化はないといえます。

薄毛の進行にともなって、髪型が限定されてくるのと、
抜け毛を出来るだけ軽減させたいという思いから、
髪をできるだけ短くカットしていたのですが、

ここにきて少し髪を伸ばしてみることにしました。
髪が伸びた事によって、分け目から頭皮が見える状態になっています。
髪にもコシがあり、少しツヤも回復したのではないかと思っています。

何よりも、また髪が伸ばせる、という事実は、
ケアを続けていく、力強い動機になります。

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策